レインボーDUOワーク®

自分と思っている自分が、本来の“私”から遠のいているとしたら、軌道修正します。レインボーDUOワークは、ネガティヴな部分に向き合い、ポジティブになる自分を育てます。

浄化のとき

一人ひとりに揺さぶりが起きてます。

 

浄化のとき。

 

目に見える世界に起きていることに揺さぶられるのは、エゴや恐れ。

 

 

 

意識的にポジティブな波動に変えます。そのためには、瞑想します。

 

静けさが力です。

 

 

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

 

 

 

広告を非表示にする

自分らしくあるDUOワーク

皆さま、こんにちは〜いかがですか?

 

来る三連休に、久しぶりのセミナー開催します。

 

DUOワークは、インナーチャイルドだけではありません。

 

あらゆるものとDUOします。

 

でも一番大事なのは、自分との統合ですよね。

それで、今回は、本当の自分=ハイヤーセルフとのDUOワークになると思います。

 

なぜなら、ワクワクのエンジンがかかっているかどうかは、自分らしくあるときにかかるからです。

 

見栄や肩書きや、仮面化した殻から脱皮するんです。

 

創造主にわざわざアクセスするよりも、自分らしくあることがそのまま神聖な存在であることを知ります。

 

そんなわけで、もっとも要のDUOワークになると思います。

 

よろしかったら、まだ残席ありますのでどうぞです。滅多にセミナーしないので、わざわざご遠方からご参加してくださいます。

 

 

 

 

レインボーDUOワークショップ 東京
☆日時 10/8(土)・9(日)・10(月祝) 10:00-17:00 3日間
☆会場 中野駅南口徒歩6分
☆セミナー代金 ¥70,000 分割OK

 

ご予約、お問い合わせメール

rainbowduowork☆gmail.com (☆を@に替えてね)

 

narikim.stores.jp

 

 

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

 

きむなり

f:id:rainbowduowork:20160916011004j:plain

わくわくを生きる

もうやりたいことはやり尽くして、ことさら何かやりたいこともなく

 

無為自然に生きていると、

 

あぁ、私は自分というものを小さくしていたな、と気づくのです。

 

この無限に広がる宇宙尊大なるエネルギーを使って、したいこと、こうありたいことがないなんて言えない。

 

そう、世界市民、地球人としてのありたいことは、無限でしょう。

 

三宅洋平さんが掲げた目標をイメージしたら、どんだけ素晴らしい世界が広がったいくか、

それはそれは素晴らしい世界。

 

だって、原発のない、地球に優しいフリーエネルギーですべてのエネルギーが賄われ、あかつ地球に還元していく。

 

誰も貧しくひもじい思いをせずに生きられる、ベーシックインカム制度。

 

競争社会じゃなくて、扶け合う社会。

 

わざわざオーガニック農法の野菜や果物、卵を探し求めなくても、どこもかしこもオーガニックで生産されている。

それにより、土や本来の力を発揮していき、少しの食べ物でも十分な栄養が満たされる。

 

化学物質よさよなら、あらゆるものは、天然物でできる。そんなに大きな巨大な建造物を建てなくても、エコロジーな建物で十分。

 

その方が地震にも臨機応変に対応していけるし、樹木の力は凄いんだって、あの法隆寺が立証している。

以前、宮澤賢治の作品をテーマにオイリュトミー公演したけど、

 

賢治の信念は、受け継がれている。それは、真実のあり方だから。

 

日本には、素晴らしい叡智が多くの賢人を通して受け継がれている。

 

私たちは、それを実践することができる時代に生きているのです。

 

そう、それはもちろ、霊主体従という言葉があるように、

 

一人ひとりの意識の中で、まずヴィジョンとして生み出され、体感として感得され、育てることから始まるので、

す。

 

 

それができるのは、この地球上に生きているとき。

 

なんてわくわくでしょう。

 

 

わくわくを生きることは、今、この瞬間瞬間に、ある、のです。

 

 

 

 

 

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

低い波動➡︎高い波動

全ては波動であり、エネルギー


高い波動➖愛と光、感謝、自然、調和、つながり、自己肯定感、わくわく、楽しい

低い波動➖罪悪感、重い、分離感、自己否定

病気、不調➖低い波動が物質化して、痼りや血液の滞りとなっている➡浄化

 

低い波動➡高い波動

ストレス➡無理しない、心を楽に
言葉➡ポジティブな表現、愛のある言葉、美しい言葉
食べ物、肉魚、酒➡新鮮で良質な食材、野菜、果物、納豆、発酵食品
環境汚染➡新鮮な空気、自然
化学物質➡天然素材
電磁波➡寝台のそばにスマホやPC、Wifi置かない、電磁波カットグッズ
活性酸素➡適度な運動、水素水、ミトコンドリア革命
酸化➡血液浄化、アルカリ性ph7.2、少食、緑黄色野菜、人参リンゴジュース
農薬➡無農薬、無科学堆肥、自然農法、オーガニック
タバコ✖
お酒✖ノンアルコール
砂糖✖黒砂糖、羅漢糖、蜂蜜、メープルシロップ
添加物✖無添加
酸化した油✖良質な油少量
加工品➡手作り、作り手がわかる、天然素材
高温度調理➡低温度調理、スローフード、生食
電子レンジ調理✖
紫外線➡サングラス、UVカット
放射線➡足もみ
ネガティヴな思い➡わくわく、ポジティブな思い、夢、希望、生きがい
憎悪、怒り、悲しみ➡愛と許し、解放、手放す➡喜び
運動不足➡きくち体操、足もみ、ヨガ、フラダンス、歩く、泳ぐ、サイクリング
筋力➡きくち体操
悲観➡楽観、足もみ
恐怖、不安➡幻と知る➡ヴィパッサナー瞑想、“今ここ”の意識
孤独➡話す、友だち、家族、生きがい、ヴィパッサナー瞑想
排気ガス➡緑の道
殺虫剤➡天然素材

 

自分に合わない土地➡︎自分に合う土地

冷え➡︎温め
シャワー➡︎風呂、温泉、酵素風呂、砂浴、岩盤浴、半身浴

コーヒー➡︎生姜紅茶

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

自由になって

http://kimnari.com が今日をもって閉じられます。

 

その最後のブログに書いた文章にあるように、

 

一人ひとりみな違うということが、どれだけ大げさに言っても言い切れない。

 

なので、自分でしか自分の本当の気持ち知らないし、自分がどうしたいか、どうありたいか、心底自由になっているって、本当に大切なんですね。


だって、自由って、自分に由る、と書きますでしょ。

これ、すごいですね。深いですね。

 

自由って漢字を教える場合、この意味をも教えていただきたいですね。

 

 

「ナリさんがよく言う波動のこと、身をもって実感してます。

 

今までの私は、寂しさの塊でした。なので、寂しさの波動が丸ごと自分になっていたので、
私が引き寄せていたのは、その寂しさの波動に合う人々や状況だったんです!


それが今、私はナリさんが提案して応援してくれたおかげで、ずっと行きたかった外国にいます。もうここにいるだけで、嬉しいんです。


日本にいるときのこと思い出すと、なんであんなに縮こまっていたんだろうって、今は全然違うんです。


もう全然違う自分になっている感じがして、もう後戻りしないくらい、変わりました!


そう、そうなんです。私の波動が丸ごと変わっちゃいました。で、もう寂しさの波動じゃなくて、幸せな波動なんです。


自分がここにいるだけで、幸せなんです。だから、これから出会う人も幸せな人々に出会うと信じています。


自分の波動に合うところにいる、自分の波動がワクワクすることしている、これが本当に大切なんだって、よ〜くわかりました!」

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

揺さぶり

今日この頃に、心が揺さぶられるようなことはありますか?

 

ただ起きるままにして、流れのプロセスを信頼することや、

じっと立ち止まり、その瞬間を見て感じます。

 

もしかしたら、同じようなことを同じようなパターンを何度も何度も繰り返していませんか?

 

そうだとしたら、その感じを強めて感じます。

 

このことによって、気づきがあるとしたら何でしょうか?

 

何をしないできたでしょうか?

 

何が最も大切なことなのでしょうか?

 

自分サイトで、他の誰でもない自分の感覚で感じてみるのです。

そして、これを手放して、ポジティブに変えましょう。

 

何によって?

 

行動です。思いです。言葉です。

実践です。

 

内的な実践です。無意識なエゴを浄化します。

 

先延ばしせずに、実践します。

 

そうすると、不要なものがいろいろ出てきます。手放します。

 

大切なことに集中します。


体の感覚を信頼して、ナヴィゲーションしてもらいましょう。

 

平静であること。喜んでいること。

 

何が大切なことか良く知っていること。

 

期待せず、渇望せず、ただあるがままを信頼します。

 

瞬間瞬間、感謝していること。謙虚であること。

 

 

 

 

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

 

 

 

f:id:rainbowduowork:20160916011004j:plain

 

 

 

rainbowduowork.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

自分らしくあるために

「自分らしくある」ことと、社会から見てどうあるかは、必ずしも一致してるとは言えません。

数年前の生活の方が物質的に恵まれて、社会的地位も確立していたという方が、質素で無名の地位にある、現在の暮らしぶりに満足しています。

 

それまでの様々なしがらみのある人間関係や物質的な執着をどんどん手放し続けました。

それにより心は軽く身体も楽になっています。その方は自分らしく生きる選択をしたのです。

 

自分らしくないことで、苦しみの多い人生だったので、自分らしく生きたらどうなるかを実践したのです。そうせざるを得ないくらいに、身体も心もボロボロになってしまいました。

とにかく休むこと、好きなことだけすることを提案しました。そして楽でいいということも理解しました。

 

その後、身も心も楽な感じを覚えてからは、ブランド品や外車への興味は薄れ、自然や生き物への関心が次第に高まっているそうです。

 

そしてまだまだ自分らしくなっていないと思いながら、自分らしくあることを見つけること、実践することをライフワークにしています。

 

そのために取り組まれているのが、子どもの頃の生き生きしていた自分を取り戻すことです。

 

《ダイアログ》でカウンセリングして、実践としての《レインボーDUOワーク®》に取り掛かります。

 

レインボーDUOワーク®では、本当の自分らしさに出会う、ワンダーチャイルドが出現しますと、そのチャイルドに焦点を当てます。

 

人によっては、そのチャイルドが蓋をされて生き辛くなっていますので、幾重にも絡んだ糸を解すように丁寧にワークします。

 

ときに苦しみは、ワンダーチャイルドが蓋をされた蓋であったりもします。

 

素晴らしい本来の自分らしさを生きることは、真実を生きることになります。苦しみは真実ではないのです。

 

蓋をしなければ生きてこれなかった思いや感情に向き合いますのは、自分自身です。向き合うとは自分自身でしかできません。そうして向き合うことで、癒しが起きるのです。

 

何故なら、その蓋の下に滞っているエネルギーは、自分の正直な気持ちなので、自分自身がそれに気づいてその気持ちを感じることそのものが癒しだからです。
感じることができるのは、自分だけです。

 

私たちには、自分自身を癒す力が備わっています。気づくことと、感じることです。

セルフではここまではできるでしょう。

しかし、ここより深い感覚にアプローチすることは難しいです。

痛みそのものと一体になっているからです。

 

外側からの働きかけとサポートが助けになります。そのために、DUOワークプラクティショナーがいます。

 

自分らしく生きる喜びを自分自身に与えましょう。

 

 

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

 

 

 

rainbowduowork.hatenablog.com

「苦しみを通って歓喜に至る」

詩人シラーの「苦しみを通って歓喜に至る」の詩を、ベートーベンは第九交響曲のテーマにしました。

 

ヒーラーの中には、自分自身の苦しみに向き合うことで人生を内的に変容し、今度は人を助ける側になった方々が大勢います。

 

結婚し子育てが始まると、今まで出なかったヒステリックブルーに見舞われた方は、苦しくてたまらず、ヒーラーに助けを求めました。

 

 とことん、自分自身の闇に向き合い変容しながら、今度は自分がヒーラーとして研鑽を積んでいます。

 

 

結婚するまでは出なかった自分の暴力性に向き合うために、セラピーを続けて変容し、やがて自らがセラピストとして活躍している人、

難病に向き合い、治癒するプロセスでヒーラーになった人、

失意のどん底で救いを求めて、何十回ものセッションで生きる力を獲得して、人間にありようを研究した人、

 

などなど、過酷な人生を生きた方々に共通するのは、

「苦しみを通って歓喜に至る」です。

 

“闇が深ければ深いほど、光は強い”といいます。

 

今苦しみのうちにあるのに、ポジティブに捉えるというのはとても酷なことだと思います。

しかし、自分が変わるには、この瞬間の「思い」をポジティブにするという能動的なありようが何よりの力となるのです。

 

何故なら、人が思うことは、実現する力があるからです。

 

 

 

 

 

 


生きとし生けるものが幸せでありますように

 

 

 

rainbowduowork.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

t

 

 

 

 

“今この瞬間”を生きる

“今この瞬間”には、何も起こってません。仮に何かが起きても永遠には続きません。

 

明日の保証を求めても、保証はどこにもありません。

 

むしろ、この瞬間瞬間に“生きている”ことが、力になります。

 

パートナーが、怒り狂ったら、そのあるがままを受け入れ、その感情に反応しない、平静さを“今ここ”の意識で保ちます。

 

しかし、そもそも怒り狂う人を引き寄せているイッシュウが、自分の心の奥底にありますから、平静に観ることはとても辛いでしょう。


この苦しみを終わらせるために、それに向き合うことが、インナーチャイルドワークであり、レインボーDUOワーク®の実践です。

 

その両方、
“今この瞬間”を生きるあり方。
レインボーDUOワーク®の実践。

 

これを新たな、レインボーDUOワーク®ショップで実践します。

今までのレインボーDUOワーク®との違いも体得されます。

 

» ⭐︎レインボーDUOワークショップ 3日間


レインボーDUOワーク®の個人セッションでは、ひたすらワークします。次々に出てくるインナーチャイルドとのデュオです。

 

レインボーDUOワーク®

 

 

週に1回、月に1回、とリズムを決めて取り組むことも変容を加速します。


もっとも身近な関係で、自分の気づかない自分自身のありようを見せてくれています。

 

身体は使うことで強くなりますが、心は解いていくことで楽になり、しなやかな強さが醸し出されるでしょう。

 

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

 

 

 

 

https://narikim.stores.jp

 

f:id:rainbowduowork:20160916011004j:plain

 

 

 

苦しみを通って

先のブログで、苦しみがないと書きましたが、苦しみがなくなれば解脱ですから、苦しみがないとは言えませんね。

 

潜在意識の奥底には、顕在意識では思いも及ばないエネルギーが満ち溢れていますから、

そのエネルギーが全て浄化されない限り、真の意味での解脱には至りません。

 

むしろ、苦しみのおかげで、“手放す”ことを知り、一皮一皮剥けたように思います。

 

苦しみに向き合うことで、意識的な浄化のプロセスとなりましたが、肉体とともに生きる限り、それはまだまだ続きます。

 

苦しみに反応せずに、あるがままにものごとを観察することを日常の暮らしで意識するようになっても、

深い瞑想状態に入りますと、感覚として感じる苦しみがあります。

 

長年の蓄積された心の汚濁です。

 

汚濁にまでなってしまったのは、人間関係で惹き起こされてきた“嫌悪”や“執着”の《反応》がエネルギーの痼りとなっているということです。

 

それらは肉体の細胞や血管、各臓器に低い波動として蓄積されているようです。一瞬一瞬の反応が、物質化しているのです。

 

それはある観点から見ますと、グロテスクでもあり美しくもあると思います。


一個の人間である私という現象が、いかに有機的な存在であり、多様で入り組んでいるでしょう。

 

気分によっては、一瞬で変化するのです。


その気分をポジティブにあるようにするには、瞑想が最適だと思っていますが、
音楽を聴いたりすることで、波動を瞬時に変えることもあります。

 

中でも古楽器の音色には、愛の周波数があるそうです。


音楽を聴いている瞬間瞬間は、感覚が開かれ“今ここ”に生きているのです。

 


生きとし生けるものが幸せでありますように

 

narikim.stores.jp

広告を非表示にする

ブログが続くわけで

私は、レインボーDUOワーク®なるものを創りました。インナーチャイルドと楽に向き合うセラピーです。

 

私は自分の苦しみを解放するために、いろいろなセラピーやヒーリング、そして瞑想をしてきましたが、

 

とうとう自分で開発するまで、それらは納得のいくものではありませんでした。自分を通ることで、確実にしてこれたのだと思います。

 

ただし、インナーチャイルドワークはセルフではまずできません。そのため、このワークをよく理解していて、自分が最も安心できる人に教えながらワークしてもらいました。

 

今では、苦しみからは解放されて、とても楽になっています。と同時に、このワークを必要としている人々に、求められればワークさせていただいております。

 

《ダイアログ》《レインボーDUOワーク® 個人セッション》のご案内 - レインボーDUOワーク®

 

それにより離婚を思い留まり、安定した夫婦生活を送っている方や、楽しみながら子育てしている方、自分のパワーに自信を持って社会復帰した方、人間として生まれてきたことを受け入れた方、などなど、いろんなケースがありますが、着実にポジティブに前向きの人生を歩まれています。

 

 

 

それからというもの、毎日のようにブログを書いてきました。約3年間でおよそ1,200も書いていたんですね。

http://kimnari.com/

 

こちらのサイトはもう直ぐに閉じますが、いつか整理しながら移行しようと思っています。

 

何故こんなに毎日のように書けるか?


言葉が降ってくるのです。

 

私はそれを放出しているだけなんですね。

 

ハイヤーセルフとか高次の自我とか?いろんな呼び方があるかと思いますが、私であることには変わりません。

 

その私なる存在が、見える世界で思っているありようではないということなのでしょう。

 

そういうわけで、これからも放出していくことになりそうです。

 

このブログをお読みくださる皆さまとのご縁に感謝します。

 

 

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように


きむ なり

広告を非表示にする