レインボーDUOワーク®

自分と思っている自分が、本来の“私”から遠のいているとしたら、軌道修正します。レインボーDUOワークは、ネガティヴな部分に向き合い、ポジティブになる自分を育てます。

思い込みから自由になる

f:id:rainbowduowork:20170813063326j:plain

 

全てはエネルギーであり、私たち一人一人は水素爆弾30発分のエネルギーがあるそうです。

 

そのエネルギーを自由に使いこなせば不可能と思っていたことが可能になると言われています。

 

不可能と思い込んでいるのは、親や先祖代々からの刷り込みであったり、過去生からの思い込みであるので幻想です。

 

自分自身でその幻想に気づくことから、思い込みを変えることができます。

 

斎藤一人さんは、それを見事にシンプルに教えてくれています。

 

「おかしい」

 

自分が自分に「おかしい」と言うのです。

 

子供のことが心配で心配で仕方がないと思っている人は、自分がおかしいということに気づいていません。しかし、それはおかしいのです。

心配は、相手のエネルギーを奪います。心配しているにもかかわらず、大事な人のエネルギーを奪っていると知ったらどうでしょう。

でも心配が止みません。

 

斎藤一人さんの教えるやり方は、脳に「おかしいぞ」と言うことで、脳をコントロールする側になるということです。それにより潜在意識が変わる。

 

頭の中のおしゃべりに、“喝”を入れるようですね。

 

「こんなに子どものことが心配でいるのは、おかしいぞ」

 

子どもの本来備わっている力を信じて信頼してあげることが相手にとっても力となるのです。

 

彼氏がいない人は、

「こんなにいい女なのに、彼氏がいないなんておかしいぞ」と言うそうです。

 

身体のどこかに痛みが出たら、それは脳が痛みを出すことで守ろうとしている。脳は怠けたがるのだそうです。

 

魂が脳の主人になるのです。

 

あらゆることをチェックして言ってみることができますね。

 

私たちは、愛と光です。

喜びでない人生はおかしいのです。

 

家系にまつわる、そしてー前世からの因果応報を自分の代で終わらせ、喜びに変えることができる魂の時代が到来しています。

 

 

感謝をこめて