レインボーDUOワーク®

自分と思っている自分が、本来の“私”から遠のいているとしたら、軌道修正します。レインボーDUOワークは、ネガティヴな部分に向き合い、ポジティブになる自分を育てます。

手足を使う

f:id:rainbowduowork:20190716161515j:plain

 

好きな曲を聴くだけでなく、

 

聴きながらペンの動くままにフォルムを描いてみると、

 

眠っていた感性が蘇る。

 

これをゆっくり全身で動けば、オイリュトミーである。

 

手足には、無意識な世界に通ずるものがある。

 

動く力を呼び覚まし、

 

宇宙に遊ぶのは、どうだろう?

 

 

 

 

 

 

musica-mundana.jimdosite.com

 

 

 

 

 

公演のお知らせ 『バッハ・コスモス』〜笑うバッハ、泣くバッハ、瞑想するバッハ〜

『バッハ・コスモス』〜笑うバッハ、泣くバッハ、瞑想するバッハ〜

ジルバーマン ピアノ演奏 武久源造

J.S.Bach 作曲 『適正律クラヴィーア曲集』(武久氏は平均律クラヴィーア曲集を本来の意味である適正律という表現に変えた) 全曲CD4枚 発売記念コンサート

 

一曲のみ、Nari Kim が舞う。

 

2019年11月1日(金) 18:00 開場 18:30  プレトーク 19:00 開演

上野公園内 旧東京音楽学校 奏楽堂

 

公演に寄せて

鍵盤楽器奏者 武久源造


あえて問おう。
およそ人は何のために音楽をするのか。
バッハの《適正律クラヴィーア曲集》ほどの作品を前にすると、こんな大上段な疑問
も、ごく自然に沸いてこようというものである。

思うに、この問いに十全に答えるためには、大我と小我という、いわば二重の自己意
識を引き合いに出さなければならないだろう。
大我の私は諸々の欲から離れ、無心に音楽を愛し、音楽と一体になって、ただ音楽の
みの要求に従おうとする。それさえできれば、後のことはどうなってもいいと思って
いる。
その私がバッハを弾く時、まずは、バッハの自筆譜や弟子の写本などを頼りに、バッ
ハが伝えようとした情報を、可能な限り収集する。バッハは300年後の異国人である
私にまでも、何事かを伝えようとしている。それを、あらゆる認知機能(思考、情動、
感覚、直感)を駆使して受け取る。楽譜上の記号と記号の間で凍っている音楽の命に
再び体温と血流を取り戻させたい。既知の名曲というレッテルの下で冷たく結晶化し
ようとしていた音符たちに、再び新鮮な空気を呼吸させたい。これが大我の私の唯一
の願いである。

一方、小我の私には諸々の種々雑多な願望がある。

例えば私は、バッハ音楽に対する新たな視点を、聴き手の皆さんと共に分かち合いた
いと願う。楽器の選択もその一つである。

ジルバーマン・ピアノが、バッハに対しても、また我々にとっても、どれほど大きな
新しい可能性を秘める楽器であるかということについては既に処処方々で十分強調し
てきたことであるが、ともかく一聴していただければ、そのことは直ちに理解してい
ただけるだろうと思う。
バッハが《適正律》の第1巻を作曲したのは、ほぼ1717年から1722年の間だと考えら
れるが、この時すでにバッハはバルトロメオ・クリストフォリが発明したピアノフォ
ルテの存在を知っていたはずである。その後の10年の間にバッハは、ゴットフリート・
ジルバーマンに協力してクリストフォリ・ピアノの改良版とも言うべき新しいピアノ
の開発に直接携わった。この経験から得たインスピレーションは、《適正律》第2巻
に色濃く反映していると、私は考える。

さらに演奏面について言うなら、基本的に私は18世紀の常識に従って演奏しようと試
みている。
例えばそれは、演奏者による即興的な装飾法の実践である。そこにはフェルマータ
装飾法も含まれる。フェルマータは、単に音楽の動きを止めるだけではなく、「良き
趣味」によって、そこに何らかの装飾音型を適宜自由に挿入することができたのであ
る。

音符の外的な価値と内的な価値の区別もまた、大きな問題である。一般的に、18世紀
の音楽家たちが重んじたこと、それは、およそ外的には同じ8分音符であっても内的
にはその音価は異なるということであった。つまり、その音符が置かれた場所によっ
て、また、曲の性格や表現される情緒によって、その長さは柔軟に変化させられねば
ならなかったのである。
こうして各声部を自由に歌わせ、個々の音符の長さを柔軟に変化させると、その結果
として、当然、各々の声部間にずれが生じ、縦の線は必ずしもそろわないということ
になる。特にバッハの対位法では、各声部の独立性と自由度が、他に抜きんでて高い。
我々はこの自由度を可能な限り生かした演奏を心がけなければならないであろう。こ
れによって生じる声部間の微妙で際どいずれこそは、18世紀において、高度な演奏の
証とみなされていたのである。この美意識は19世紀を経て、20世紀初等、ほぼ第一次
世界大戦前まで続いた。ところが、大戦後、美意識のパラダイムは大きく変わった。
いわゆる、即物主義の時代が始まったのである。そこでは、機械的な正確さとクリア
カットな一様さが持て囃され、「楽譜に忠実」というスローガンの下、演奏者の主観
性や即興性を忌避するピューリタン的な禁欲主義が、支配的な演奏美学にまで高めら
れたのである。この、バッハやモーツァルトショパンとは全く無縁の「現代的な」
美学によって、「古き良き」伝統はほぼ完全に一掃されてしまった。これにより、音
楽づくりから洗練された主観性は排除され、客観的、類型的な理解が求められるよう
になった。この音楽観は、一面では、バロック時代のそれに似ていた。だからこそ、
20世紀後半には、バロック音楽が空前のブームを巻き起こしたのであろう。しかし残
念ながら、こうしたブームの中で注目されたのは、バロック音楽、とりわけバッハ音
楽の片側だけでしかなかったのである。そしてこの傾向は、21世紀の今もなお根強く
続いている。

さて、バッハにも、大我としての人生と小我としての生活があったに違いないが、大
我としてのバッハについて言うならば、彼はあえて自分の時代から浮き上がることに
よって、あらゆる時代の心に訴えることのできる個性を手に入れたのであろう。具体
的には、ギリシア・ローマ以来の伝統的な古典修辞法と近代的な主観的感情表現、イ
タリア的な直截さとフランス人好みの婉曲表現、高次の宗教性と理知的合理性、…こ
れらの相矛盾する要素をバッハは一つの曲の中で、時には一つのフレーズの中でさえ
融合させた。こうして彼はより普遍的な音楽表現を目指したのである。
自己の限界を超え、また、他者の限界をも越えて行こうとする芸術家の姿を、我々は
バッハに見出すことができる。作曲の素材、主題や形式、様式などの可能性を徹底的
に追究し、作曲行為の純粋な本源性にまで近づこうとするバッハの姿勢は、続く世代
であるモーツァルトベートーヴェンに道を開いただけでなく、19世紀のほぼ全ての
作曲家にそれぞれ違った形で光明を与え、シェーンベルクヴェーベルンの模範とも
なり得たのである。

さて、バッハ音楽の迷宮に深く入っていく時、私が杖とするのは音楽修辞学である。
このいわば魔法の杖によって、バッハの音楽言語を理解する道が開けるのである。そ
れはバッハが、ある特定の音の形や音の身振りによって、どんな意味をイメージし得
たかということである。これを理解するには、我々は言語と音楽の共通の祖先である
原音楽を呼び覚まさねばならない。なぜなら音楽言語とは、この原音楽の上で、様々
なイメージが反射し、反応し合って産まれるものだからである。これを理解すること
によって、我々は、バッハの音楽を、我々の音楽として生まれ変わらせることが可能
になる。
およそ言語イメージと音のイメージは、互いに反射を繰り返しながら、作曲家と演奏
家の創造性において化学反応を起こす。それが演奏のプロセスであるが、その結果、
そのつど作品のイメージは聴き手の中で結晶化する。結晶はもうそれ以上変化しない、
ポテンシャル・エネルギー・ゼロの状態に近づく。それは生命の死に相当する。
しかし、音楽は死なない。聴き手の中に新たな要求が産まれ、エネルギーが補充され
る。更なる創造的演奏が試みられ、音楽は新しい系へと遷移する。生命の再生である。
この不断の創造活動こそが、音楽修辞学の要諦である。この原音楽的創造の愉悦にこ
そ、私が音楽をする理由と目的がある。

この公演では、さらにこの原音楽的創造を、体の動きを通して表現する。
キム・ナリとのコラヴォレーションがそれである。

「ひとりの人の胸の中には全人類の記憶が宿っている」とプラトンは言った。我々も
またこのプラトンの言葉を信じて、己の細胞に染み込んだ太古の記憶に分け入るなら
ば、そこにバッハに到る道を見出すことができる。少なくとも私は、己が体験から、
そう確信している。

 

 

 

musica-mundana.jimdosite.com

毒親

負の連鎖を終わらせるためにも、「自分がおかしい」ということに自らが気づくこと。

 

気づかないまま一生を終えてしまうのは、悲しい。

 

本来の「自分らしさ」を取り戻すことに、遅すぎることはないのです。

 

 

 

youtu.be

幸福を知らないで育つと

https://www.instagram.com/p/ByPDBXagMbe/

“Whispers of the woods” “森のささやき”F30 #abstractpainting #acril #canvas #painting #abstractart

 

大人になって、幸福な生活が始まると、そこから逃げ出すかのように

 

問題を起こしたり、その幸福を壊すような行動に走るという

 

パターンをみることがありますか?

 

幼少期から思春期にかけて、不安や恐怖に晒されて過ごしますと、

 

その状況がその人にとっての“安全”になるという「信念」を持ちます。

 

潜在意識の深いところでのネガティブな信念は、ネガティブな状況を引き起こし、

 

逆に、幸福な生活を手にしますと、それには居心地の悪さを“無意識”が感じるように

 

なります。

 

それは自分だけでなく、周りの人をも巻き込んでしまいます。

 

この“無意識”に対して、意識的になることで、

 

不幸を回避し、本来の自分らしさを取り戻すことができます。

 

自分らしくありながら、意識に及ばない無意識のうちに暴走する

 

インナーチャイルド、記憶の中の傷ついた自分と向き合うのです。

 

それができるのは、自分しかいません。

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

 

 

l

 

 

古傷が引き起こす

https://www.instagram.com/p/ByMpaAfgDSO/

F10 #abstractpainting #acril #canvas #painting #abstractart

大事な人へのネガティブな思い込みは、

 

どこから来るのでしょうか?

 

“今ここ”にない、「思いや感情」は幻想であり、それがネガティブなものであれば、

 

「過去の自分が体験した“傷”」が、同じような状況を引き起こし、浮かび上がったものです。

 

「幻想というエゴの罠」にハマり、抜け出せずにいるのを、

 

当の本人は気づいていません。

 

そうして、同じことを繰り返して、さらに辛い人生を送ることになってしまいます。

 

エゴの力はネガティブな思考の空回りをして、波動を一気に下げますので、

 

よほど意識的に自分の中で、客観的に見ていませんと、

 

エゴが暴走しかねません。

 

自分が前進しようとすると、過去の古傷のエネルギーが、顔を出すのは、

 

「浄化されるのを、まるで待っていたかのよう」です。

 

それを、感覚的にキャッチして、“意識の光”で感じ切ることができるならば、

 

ただあるがままである”今ここ”に戻ることができるでしょう。

 

不安や恐怖が続くならば、安心したプラクティショナーに、安心した守秘義務の場で、

 

話を聞いてもらいますと、心が軽くなるでしょう。

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

 

narikim.stores.jp

性虐

セルフイメージが低いと、人に利用されやすい傾向があります。

 

どこかウィンウィンの関係でない場合、人に尽くして損ばかりします。

 

そのありようは、幼い頃に受けた性的な虐待に起因していることがあります。

 

蓋をして記憶にないくらい、忘れているかもしれません。

 

しかし、人生でパターン化してることに気づくことは、その後の人生を変える大きな踏台でもあります。

 

最もデリケートな部分に向き合うには、勇気がいるでしょう。

 

人に話せないまま、自分の中で行き場のないチャイルドを救えるのは自分しかいません。

 

守秘義務の元に安心した場でワークいたします。

 

愛と光と感謝をこめて

 

🌟金南里 による、《レインボーDUOワーク® 個人セッション》のご案内

 

ダイアログ》(カウンセリング)
☆誰にも言えないことをずっと抱えていますと、心も身体も引きこもりたくなります。
安心して話せる人が身近にいない方のために、Nariがお話をお聞きします。
心のディトックスは、身体のディトックスにも通じます。
心に溜め込んでしまった諸々を安心した場(守秘義務のもとに)でディトックスしましょう。
カウンセリングとしての《ダイアログ》では、ご自由にお話していただきます。時々、私からもお話します。対話しながら、気づいていくことで楽になります。


1時間 ¥5,000

2時間 ¥9,000

3時間 ¥12,000

 (6月の料金です。料金の変動があります。その都度、お問い合わせくださいませ)

 

レインボーDUOワーク®

☆現在の状況で滞っているものが、自分自身の内側に原因があるとしたらどうでしょうか?
インナーチャイルドを回復することにより、人生の謎が解かれていきます。

なぜ、パートナーの愛を受け取れないのか、
なぜ、ひとりでいることが安心なのか、
なぜ、仕事がうまくいかないのか、
なぜ、結婚できないのか、
なぜ、人間が怖いのか、
なぜ、眠れないのか、
なぜ、身体が痛むのか、
なぜ、男(女)を受け入れられないのか、
なぜ、引きこもるのか、
なぜ、ポジティブになれないのか、
なぜ、生まれてきたことを喜べないのか、

などなど、たくさんの課題を抱えていませんか?

自分を信じて、あるがままでいいと思え、自分らしく生きられたらどうでしょうか?
レインボーDUOワーク®のDUOは、大人の今の自分と傷ついた記憶の中の自分のデュオです。DUOワークにより回復されますと、

本来のありのままの自分になって、自分らしさを楽しめるようになります。その人にしかない色合い(レインボー)で輝いていきます。

レインボーの光源は、大いなる意識とも、すべてなるもの、とも呼ばれている神性そのものです。いのちそのものが神性であることを、かけがえのない個である自分自身を通して感得されましょう。

 

インナーチャイルドは、安心すると次々に出てまいりますが、1回のセッションですぐに変わることではありませんので、ご了承くださいませ。

 

 

《レインボーDUOワーク®》

 

一回のワーク、およそ3時間くらいの時間でゆっくりお話し聞きワークいたします。


料金

初回  25,000円

2回目から  30,000円

 

スカイプは、25,000円

 

 

ご予約・お問い合わせ
rainbowduowork@gmail.com
tel: 080-8746-3772

 

 


生きとし生けるものが幸せでありますように

金南里 (きむなり)

 

 

 

 

以下、ご感想

 

ナリ 先生

こんにちは。
                                  
先日のDUOワークでは大変お世話になりました。

自分自身、予想外の出来事に驚いています。

先生のサポートと信頼できる仲間の支えがあってのインナーチャイルド
の解放と、DUOちゃんの出現。

今、私は本当に心の自由を感じています。

と同時に、あらゆるものに創造主の愛が宿っているのを感じています。
                               
ちょっとコーヒーが苦く感じた時、愛と祝福をおくりました。

なんと、コーヒーがまろやかになったんですね~。

何にでも使えるな~~~と(笑)


本当に、ずっと苦しみから解放されたいと思っていました。
どうしたらこの苦しみから、逃れられるのか?
そればかり考えていました。
エネルギーワークやセッションもたくさん受けてきました。
でも、どれも私の探してる答えではありませんでした。
シータヒーリングも最高峰まで行けば、この苦しみから解放されるのか?
だったら、頑張ってみようか?
ん?なんか違う気がする・・・。
私は自分にコマンドを入れました。
この苦しみの土台が何かは解からないけれど、私は自分を解放する 。
解放することを阻んでいるブロックを全部外す。
お金も仕事も家族も全部外す。とコマンドしました。
そうしたら、ナリ先生のDUOワークに出会いました。

いつも、期待して参加しては、ちょっとガッカリする私。
今回は大きな期待はしないでおこう。と思っての受講でした。

でも、でも、このセミナーは私にとって、大きな宝となるセミナーだったのです。
まさに、ディバイン・タイミングだったのです。

本当に言葉では言い尽くせないほどの、感謝と感動を
ありがとうございました。

 

 

匿名

 

レインボーDUOワークを受けるまで、
ヒーリング業をやめようと
考えていましたが、
レインボーDUOを受けてから、
心底癒しを受け、
本当に愛からセッションを
行えるようになりました。

あれから、
自分自身の何人ものインナーチャイルド
癒し、今まで
根源で断ち切れなかった
負の感情から解放され、
夫婦関係も、家族関係も
どんどん癒されています。

また、本当にしてさしあげたかった
と思うようなセッションを
クライアントさんのご協力により
行えるようになり
痒いところに
ちゃんと手が届くような
深いセッションが実現できるように
なりました。

本当にレインボーDUOワークの
おかげです。
セッションはクライアントさんを
丸ごと受け止めるので
体力使うのに、終わったあと、
本当に達成感に似た感動と
愛で満たされています。
以前なら、疲れて果ててしまい、
トリガーされてしまったり、
自己の浄化が大変で
自分には合わない職業と感じていました。
今は、喜びです。

なりさん、
本当にありがとうございます。


匿名さん

親しい相手への要求は、インナーチャイルド

好きな人やパートナーに対して、

 

どうしようもなく要求することがあり、相手がそれを直ぐに満たしてくれず、

 

満たされない思いを抱えているとします。

 

その満たされない思いは、相手によっては満たされないので、欲求不満となります。

 

その不満は、経済的不安、疲れ、ストレスが溜まると爆発して、

 

相手に対して、負のエネルギーを向けてしまい、

 

関係が悪化してしまいます。

 

満たされない思いは、インナーチャイルドですから、

 

幼い頃に、満たされないで蓋をしている感情が、感覚のエネルギーとして潜在意識に残っているのです。

 

それに向き合い、その負のエネルギーを解放しますと、

 

いつのまにか、大事な相手への欲求が消えていることに気づくでしょう。

 

しかし、インナーチャイルドのエネルギーに向き合うには、

 

相当な勇気のいることで、自分独りではとても難しいので、

 

専門家に、しかも安心できる方に、支えてもらうことが大事です。

 

何十年もの間、そのインナーチャイルドとともに生きています。

 

その存在すら忘れています。

 

焦らずゆっくりと丁寧に向き合いましょう。

 

 

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

 

 

 

 

人との出会いは、『鏡』

親しい人との関係において、注目すべき点があります。

 

魂と魂が引き寄せられるのは、

 

その相手によって、自分が気づいていない、蓋をした心の痛みや傷が、

 

自分自身に気づかれるために、あらゆる力が動員されます。

 

同じ傷を持った魂同士が、惹きつけられて親しい関係になります。

 

しかし、無意識に相手に対して要求することが出てきますと、その要求の奥底にある本当の姿を無視しています。

 

そのため、真実の愛からズレていき、苦しむでしょう。

 

真実の愛であるなら、

 

その関係は、喜びに変容します。

 

苦しみがあるところには、必ず、“気づき”を待っているエネルギーがあるのです。

 

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

 

金南里