レインボーDUOワーク®

自分と思っている自分が、本来の“私”から遠のいているとしたら、軌道修正します。レインボーDUOワークは、ネガティヴな部分に向き合い、ポジティブになる自分を育てます。

地球に生きるテーマ

今年に入り、変容が始まった方が多いと思います。

特にこの春以降、その勢いは加速していると感じるでしょうか?

ポジティブな流れにあっても、浮き沈みはありますが、すべては変わりゆくものであり、それによりさらにポジティブにシフトしていたと後になってわかるでしょう。

 

それぞれのありようで自分の波動、周波数を高めることはとても大切です。

それにより、“知恵”が降りてきます。

それは、“愛”に基づく“真の知恵”ですから、あらゆる問題解決能力となります。

 

今起きていることを一言で言えば、

ワンネス

 

バーチャルではない、空想ではない、“現実”をクリエイトしています。

 

例えば、家族のうちのひとりが目覚め、自分軸で生き始めますと、DNAでつながっている家族のそれぞれを揺り動かします。

 

これは家族だけでなく、身近なコミュニティでも起きています。

血による共同体、意識による共同体、どちらにも起きています。

 

今までは、お金を介して動いていたものが、

他者のためにしてあげたいという真心から、自分のできる最善を尽くそうという思いになって、行動します。それが喜びにもなっています。

 

これにより、関わりが生まれています。

人と人が真心で関わり合い、助け合います。

 

光となった人々は、もはや自分だけでなく、闇の中にある人々の隙間に光を差し込み

自らの光が気づく助けを与えています。

 

それが“知恵”であり“愛”です。

地球に生きるテーマ

今年に入り、変容が始まった方が多いと思います。

特にこの春以降、その勢いは加速していると感じるでしょうか?

ポジティブな流れにあっても、浮き沈みはありますが、すべては変わりゆくものであり、それによりさらにポジティブにシフトしていたと後になってわかるでしょう。

 

それぞれのありようで自分の波動、周波数を高めることはとても大切です。

それにより、“知恵”が降りてきます。

それは、“愛”に基づく“真の知恵”ですから、あらゆる問題解決能力となります。

 

今起きていることを一言で言えば、

ワンネス

 

バーチャルではない、空想ではない、“現実”をクリエイトしています。

 

例えば、家族のうちのひとりが目覚め、自分軸で生き始めますと、DNAでつながっている家族のそれぞれを揺り動かします。

 

これは家族だけでなく、身近なコミュニティでも起きています。

血による共同体、意識による共同体、どちらにも起きています。

 

今までは、お金を介して動いていたものが、

他者のためにしてあげたいという真心から、自分のできる最善を尽くそうという思いになって、行動します。それが喜びにもなっています。

 

これにより、関わりが生まれています。

人と人が真心で関わり合い、助け合います。

 

光となった人々は、もはや自分だけでなく、闇の中にある人々の隙間に光を差し込み

自らの光が気づく助けを与えています。

 

それが“知恵”であり“愛”です。

思いは自由

キャンバスに絵を描き、空想の世界に想いを馳せるのも乙な癒しタイムですが、

 

もっとリアルに描ける無限大のキャンバスを私たちは持っています。

 

この人生そのものをクリエイトするというキャンバスです。

 

この瞬間瞬間、何を思い、感じ、行動しているかで、その先に繰り広げられる世界が変わるというキャンバスです。

 

塞ぎ込んだまま、鬱々としているとしたら、それを光に変えます。

 

お金がないから、時間がないから、というものがあるないにかかわらず、

 

そのままでできるものがあるのです。

 

いい気分になることを思い描きますと、どうでしょうか?

 

恋人が欲しかったら、恋人と一緒に仲良くしている感じを想像して味わいます。

 

南国の島に上陸して、トロピカルな気分になりたいと思ったら、それを味わいます。

 

家族とのこと、友達とのこと、いい気分になるイメージして、味わいます。

 

本当にやりたかったこと、イメージしてすでにそうなっている自分を感じます。

 

こうして深い瞑想状態にありながらイメージしますと、どんな感じでしょうか?

 

内的な身体の感覚が変わる感じがあるでしょうか、

 

目に見える世界で直ぐに実現されなくても、こうして一瞬一瞬を積み重ねていきます。

 

次第に、目に見えない思いの力に目覚めるでしょう。

 

何を思い、何を語り、イメージしているか、

 

それがポジティブで、多様であればあるほど、

 

新たな地球をクリエイトする、種となるのでしょう。

 

誰にでも公平にすでに与えられている、このパワーを大切に育てましょう。

 

あるがままで、私たちは素晴らしいのです。

 

 

愛と光と感謝をこめて

存在だけで価値がある

人生の目的が見出せずに悶々としていますと、

 

何もかもが面倒になり、生きることに価値が見出せないとしたら、

 

まるでドツボにはまっているかのようです。

 

しかし、そのようなときこそが真の目的に目覚める瞬間でもあるでしょう。

 

生まれてきたときに、生まれてくる前の記憶を忘れてきますが、

 

人生で息詰まったときに、そのアンテナが開いて、

 

知らなかったことで、人間としての体験をしたことを振り返る方もいます。

 

いろんな種類の人間たちの中で、全く違う生き方、自分の体験が自分の道になるということです。

 

体験は、自分の外側の世界との交わりであることもあれば、自分と内なる自分との交わりでもあり、

 

地球に生きている瞬間瞬間の気づきでもあります。

 

自分自身が、ここに存在していること、そこに価値を見出せるでしょうか?

 

この地球上に生きているだけで、あたかもヴォランティアしているかのように、

存在だけで貢献していると思ったら、どんな感じでしょうか?

 

自分の価値を自分自身で見出し、高次の存在とつながる感覚を、アンテナを開きます。

 

 

 

 

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

ポジティブな目になる

自分とは異なる人々との関係は、

 

自分のありようで関係性そのものが違ってきます。

 

自分が自分のことをよく知らないまま生きている上に、

 

自分以外の人のことはさらに知らない世界でしょう。

 

他者に対する見方を意識的にポジティブに見ることを練習します。

 

すべてをポジティブに見る練習です。

 

自分のことも他者のことも、

 

今起きていることも、

 

思うこと、見る目をポジティブにします。

 

ポジティブな目を養います。

 

人は自分のことをポジティブに見てくれていることを感じます。

 

それにより関係性も変わります。

 

思っていることは口から出ますので、

 

ポジティブな思いでいると、ポジティブな言葉がけが何気なくできるでしょう。

 

親のソフトや育てられた環境によるフィルターを通して見ていた今までのありようを、

 

意識して変えます。

 

曇りのない目は、魂を輝かせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

 

一生をダメにするタイプ

子どもの頃に親からネグレクトされますと、セルフイメージが低くなって、自信のないまま人生を送るようになる傾向があります。

 

人のために犠牲を払ってしまうこともあり、人に利用されてしまうタイプです。

利用されているという認識がないので、相手に尽くすことが喜びであるかのように振舞います。

 

利用される人には、利用する人が引き寄せられます。

お互いに無意識にそういう関係になっていますので、本人達は気づきません。

 

しかし、真実でない愛の関係は、どこかに歪みを生じさせ、それによりエゴは拡大します。

エゴにより支配された人生は、本人が気づかないまま、光のあたらない海の底にいるかのようです。

ずっと同じパターンや誰かに支配される人間関係を引き寄せます。

 

自分のありようを変えないと、周囲をも巻き込み、自分自身が苦しむことになります。

 

身体の不調、経済的な損失、人間不信、鬱、などに陥っていたら、自分を愛することから遠のいているでしょう。

 

重たい波動を感じたら、瞑想します。

目に見えない世界の本質に生きると、真実の目で自分や周囲を見るようになるでしょう。

 

自分の気持ちに正直になって、「すでに知っている」感覚とひとつになります。

“気づき”により、自分を愛することを覚えます。

 

 

 

 

 

生きとし生けるものすべてが幸せでありますように

私はすでに知っている

シュタイナーのいう、低次の自我と高次の自我

 

エゴとともにある自我とエゴをもたない純粋な意識である自我

 

起きている間は片時も離れずにあるけれども

 

あるがままであること、自由意思を尊重してくれているハイヤーセルフ

 

エゴの欲求を満たそうと頑張り続けていると、ふとした気づきを与えてくれる

 

それは感覚的に心地よい感じの瞬間

 

それを見逃さないで

 

その瞬間はピュアなハイヤーセルフと一致してる

 

何を学ぶとか何をワークするとかしなくても

 

「すでに私は知っている」

 

その感覚、超感覚を取り戻した瞬間

 

その感覚を覚えて、“今ここ”にあることを

 

愛と感謝で感じ入る

 

そのパワーは、怖れや不安という“幻想”から隙間を作る

 

その隙間は、静けさ

 

オイリュトミーの動きは、意識的な、この静けさであることを知る

 

人生が舞台なら、どんな瞬間も愛と光

 

神が“私”を通して、見ている、聴いている、触れている、歩んでいる、

 

味わっている、イメージしている、感じている、、、、、

 

“私”がフォーカスするところ

 

そこに愛と光のエネルギーは注がれる

 

 

 

生きとし生けるものすべてが幸せでありますように

 

 

 

正直な気持ちに蓋してたことに気づく

子ども時代に、泣きたいときに泣けなかったり、言いたいことを言えずにいると、

感情に蓋がされてしまいます。

 

それにより脳は、愛ではない思考を保持します。

 人生の土台にネガティブな思考がありますと、それは雑草のように生い茂ります。

 

一人ひとりの、世界でひとつだけの花、を咲かせる為に生まれてきたとしたら、その雑草はどういたしましょう。

 

人生でこうありたいと望んだ後に、ネガティブな感情が湧き出したり、ブレーキをかけるような状況が起きたら、それは雑草の根の力であると言えると思います。

 

雑草は、悪いものではありません。土にしっかりと根を張り巡らせますので、土が肥えます。

 

そのように、ネガティブな思考は役に立っています。

しかし、美しい花を咲かせることができる素質をすべて携えてきているのに、その芽を潰してしまうのは、どうでしょうか?

 

もうすでに起きてしまったことは変えることはできませんが、“今ここ”の意識で、“雑草”を取り除き、その空いたスペースに美しい芝生の種を蒔くことはできるでしょう。

 

自分の花を、どんな風に咲かせたいですか?

お隣には、どんな花や木や草があったらいい感じですか?

 

神さまは、お日さまのように、私たちのことを無条件に愛しています。

美しいお庭にするのも、雑草の中で生きるのも、すべて自分が決められるのです。

 

一人ひとりに、無限の価値があると教えています。

その無条件に愛されている、無限な価値である一人ひとりが、

 

喜びであるとき、その波動は世界を変える力となります。

 

ネガティブな波動は、さらなる高いポジティブな波動にシフトするチャンスです。

 

それは外の状況を変えるよりも、自分の中にある“雑草”や“棘”を抜くこと、すなわち浄化することで、

 

状況は自ずとよりスムーズに変化するのです。

 

一瞬一瞬に、愛と光と感謝を感じます。

 

美しいものを見たら、聞いたら、触れたら、味わったら、それがどんな感じか、

感謝とともに感じますと、

自分自身も、そのように美しい存在であることを、至福とともに感得します。

 

私たち一人ひとりは、大いなる無限なる、あるがままの愛そのものなのです。

 

愛でないものは、脳にインプットされたフィルターですから、フィルターを浄化することで、

愛がどんな感じか、実感しましょう。

 

 

 

生きとし生けるものすべてが幸せでありますように

 

 

愛と光と感謝をこめて

 

ネガティブな感情が飛躍へのチャンス

「いつまでこのネガティブな感情の波に向き合わないとならないの?」

 

ネガティブな感情の波にのまれて苦しみ、そこから光を見出そうと懸命に浄化のワークに取り組んでいる方々が増えています。

 

Before,Afterのように、以前の自分の重たい波動が、今ではずいぶん軽くなっているようです。

 

それでも、何か大きな望みをマニフェストすると、意外なところからネガティブな思いや感情が出現します。

 

それによって、願い下げしてしまうこともありましょうが、この対比によって浄化が加速して、さらに波動は高まるのです。

 

なんだかわからない辛い感情が出てきたら、それは“今ここ”のどこにあるのでもなく、目の前の人のせいでもありません。

 

集合無意識や個人を超えた家系にまつわる思いであるかもしれません。何かの状況に触れたことで湧き起こるネガティブな感情に、辛くなったら、

 

自分の「脳に、おかしい」と伝えます。

ゆっくり呼吸して、瞑想します。

そして、心の中で、ゆっくり自分に言います。

 

「今まで気づかなくてごめんね。もう大丈夫よ」

 

「今、どんな気持ち?」

 

「本当はどうだったらよかったの?」

 

ネガティブな感情は、幼い頃のある場面で、感情が出せずにいたことがありますと、その感情は蓋をされたままになります。

 

一番気づいてほしいのは、自分自身なので、自分の無意識のエネルギーに“気づく”ことで、そこに“意識の光”が差し込みます。

 

自分でワークするのは、ハードなので、この後は、眠ります。

ポジティブな思いを、こうあって欲しかった思いをイメージしてみます。

 

それにより、自分が本当はこうありたいという新たな気づきが生まれますので、それを過ぎてしまったところに執着するのではなく、その気づきを与えてくれたことに感謝して手放します。

 

新たにこうなりたい自分の姿をイメージします。そしてそうなった感じを感じます。それによりいい気分になって、眠りにつきます。

 

もし感情が折り合わずに眠れない場合は、足もみ棒などで、足裏をよくもみますと、身体が解れて眠れます。

眠ることで、無意識のエネルギーは浄化されます。

 

何日もかかることでも、薄皮を剥がすように浄化され、波動が上がります。

 

その上がった波動のいい感じを覚えますと、あのときの重たいエネルギーのおかげだったと思えるでしょう。

 

自分が心から望む願いを抱いていることで、そこにフォーカスすることでいい気分になり、

このような無意識に抱え込んでいた重たい波動を浄化するプロセスも受けとめられるようになります。

 

自分の人生で体験したいことにフォーカスして、あとは自分を生かしているすべてに感謝し、プロセスを信頼して波にのるのでしょう。

 

感謝、感謝、感謝です。

 

 

 

生きとし生けるものすべてが幸せでありますように

 

 

 

 

 

 

ネガティヴ波動をポジティブに

f:id:rainbowduowork:20180427173753j:plain

 

陰影のコントラストがあるところは、光が強く感じられます。

 

ネガティヴな思いや感情には、なんとかしたいという衝動が生じます。

誰かに話しを聞いてもらいたくても、安心してなんでも話せる人がいない場合もあります。

 

まるで暗闇の中で悶々として孤独な思いに打ちひしがれているときは、妄想や幻想に覆われているかのようです。

そんなときは、座ってゆっくり呼吸し瞑想します。

いい気分になることを日々の暮らしに取り入れます。

 

好きな音楽を聴くことや、ゆったりとバスタイムすること、自然の中を散歩しながら普段出さない声を出したり、歌ったり、お気に入りのカフェで日向ぼっこしたり、

素足になって土いじりしたり、浜辺の砂に足を入れて海のさざ波に耳を傾けたり、

ただただ、あるがままの自分を慈しみます。

 

すべては移ろいゆきます。

“今ここ”この瞬間を楽しみ、味わい、感謝します。

あるがままの光の存在である意識である、本来の自分との統合の瞬間を、感じます。

 

喜びでない波動には、さらに高い波動になることができることを知ります。

 

思考内容も波動です。

良い気分になる望む夢を想像します。それがどんな感じか、その感じを先取りします。これが創造行為です。

 

ネガティヴな思いや感情が起きたときは、さらなる創造行為への勢みがうまれます。

助けを求める言葉は、有効です。

どんな言葉にも、感謝の言葉を添えますと、波動が上がります。

 

神さま、宇宙の根源よ、創造の源、ソース、どのような呼びかけでもいいのです。

最も高次の意識にアクセスします。

 

孤独感は、そこから離れているときですから、つながって、そのエネルギーとひとつになります。

 

そのエネルギーは、無条件の愛であり、すべてはこの愛のエネルギーで創造されたました。

 

自分を愛すること、自分をハッピーにすることは、この愛のエネルギーとひとつであることを感じ、受け入れることです。

 

外側に繰り広げられる世界に振り回されない、自分軸で生きます。

一人ひとりの喜びの体験そのものが、この地球の波動を上げます。

 

どんな世界で誰とどんなことして喜んでいますか?

その次元にシフトします。

 

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

 

 

https://narikim.stores.jp

進化した地球外生命体

テレパシーという概念があるように、人間の本能にはテレパシーの能力があります。

それが遠のいてしまってからは、人間はどんどん孤立してきました。

それによって、個としての意識が確立する進化のプロセスを歩んできたのだと言われています。

 

 

やがて進化の曲線はU字に上昇し、ワンネスの意識に目覚めています。

と同時に、ハイテクノロジーの進化も加速して、世界はインターネットによりあらゆるアクセスが瞬時にできるようになりました。

 

本来の人間に内在するテレパシー能力も呼び覚まされています。

思考は光よりも速く、物理的な距離に関係なく瞬時に感じ取ることができるようになってきています。

 

それゆえに、何を思っているかは波動の影響を広げることになるのです。

 

私たちが、このような観点を踏まえた上で、次のステップを意識するならば、

地球人としての自覚であり、ガイアである地球の意識とひとつであることを意識します。

 

そして同時に、地球外生命体の意識にもフォーカスするようになるでしょう。

何故、孤独な魂が夜空に光り輝く星々を眺めて、慰められてきたでしょうか?

 

私たちは無意識にも、自分がどこからきたのかを覚えています。

決してどんな瞬間も、孤独ではないということ、独りではないことを夜空の星々に思い出すのです。

 

波動がどんどん高まり、本来の人間として、愛と光に目覚めますと、

思い焦がれていた星々の存在たちに、出会います。

 

愛と光と感謝の波動の中にあって、同じように高い波動の存在たちに出会えるのです。

 

存在たちは、それをずっと待っています。そしていつどんなときにも、共にあることを知ってほしいと願っています。

 

高次の進化した存在をなんと呼ぶかは、各自が直接聞くことになるでしょう。

 

愛と光と感謝の中にあることで、この肉体に備わった五感は進化していくでしょう。

 

霊の耳で聴き、霊の目で見るようになるでしょう。

 

肉体の細胞は内側から光輝いて、光を放つようになるでしょう。

 

その光がどんどん増え、やがて地球は愛と光の惑星に変容していくでしょう。

 

このようにして、地球外生命体との出会いは、愛と光と感謝の新たな地球ガイアを誕生させる神聖な出会いとなるのです。

 

 

 

 

愛と光と感謝をこめて