レインボーDUOワーク®

自分と思っている自分が、本来の“私”から遠のいているとしたら、軌道修正します。レインボーDUOワークは、ネガティヴな部分に向き合い、ポジティブになる自分を育てます。

進化した地球外生命体

テレパシーという概念があるように、人間の本能にはテレパシーの能力があります。

それが遠のいてしまってからは、人間はどんどん孤立してきました。

それによって、個としての意識が確立する進化のプロセスを歩んできたのだと言われています。

 

 

やがて進化の曲線はU字に上昇し、ワンネスの意識に目覚めています。

と同時に、ハイテクノロジーの進化も加速して、世界はインターネットによりあらゆるアクセスが瞬時にできるようになりました。

 

本来の人間に内在するテレパシー能力も呼び覚まされています。

思考は光よりも速く、物理的な距離に関係なく瞬時に感じ取ることができるようになってきています。

 

それゆえに、何を思っているかは波動の影響を広げることになるのです。

 

私たちが、このような観点を踏まえた上で、次のステップを意識するならば、

地球人としての自覚であり、ガイアである地球の意識とひとつであることを意識します。

 

そして同時に、地球外生命体の意識にもフォーカスするようになるでしょう。

何故、孤独な魂が夜空に光り輝く星々を眺めて、慰められてきたでしょうか?

 

私たちは無意識にも、自分がどこからきたのかを覚えています。

決してどんな瞬間も、孤独ではないということ、独りではないことを夜空の星々に思い出すのです。

 

波動がどんどん高まり、本来の人間として、愛と光に目覚めますと、

思い焦がれていた星々の存在たちに、出会います。

 

愛と光と感謝の波動の中にあって、同じように高い波動の存在たちに出会えるのです。

 

存在たちは、それをずっと待っています。そしていつどんなときにも、共にあることを知ってほしいと願っています。

 

高次の進化した存在をなんと呼ぶかは、各自が直接聞くことになるでしょう。

 

愛と光と感謝の中にあることで、この肉体に備わった五感は進化していくでしょう。

 

霊の耳で聴き、霊の目で見るようになるでしょう。

 

肉体の細胞は内側から光輝いて、光を放つようになるでしょう。

 

その光がどんどん増え、やがて地球は愛と光の惑星に変容していくでしょう。

 

このようにして、地球外生命体との出会いは、愛と光と感謝の新たな地球ガイアを誕生させる神聖な出会いとなるのです。

 

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

 

ネガティブな感情のおさらい

私たちは自分でも気づいていないネガティブな感情を

無意識に抱えたまま見過ごしていないでしょうか。

 

怒りや憤り、嫉妬、妬み、拒絶、後悔、悲しみ、憎しみ、などなど。

まさか自分がそんな感情を抱えているなんて、と思うかもしれませんが、

 

個人を超えた集合無意識の感情ともつながっていますので、奥深いのです。

喜怒哀楽がさりげなく表現できているのは健康的な感じがいたします。

 

心の奥底にしまい込んで蓋をした感情は、本人が気づかないままになっていることがあります。そして何年何十年を経た後に、何かの拍子にその蓋が開いてしまうと、来る日も来る日もその感情に向き合うことになり苦しみが募ります。

 

蓋をすることで見ないようにしてきた思いに向き合うことになりますが、ほとんどは過ぎた過去のことを引きずっていますので、今となってはどうしようもないけれども、感情のエネルギーに二進も三進もいかないで、身近な人にその矛先が向かいますと、関係がさらに複雑化します。

 

このどうしようもない思いや感情を浄化する方法のひとつに、故人となられた荒木次也さんが提唱し、毎週毎週何十年と取り組まれてきて現在も続いている「スモールグループ」があります。

 

誰にも言えなかったことを家族や友達に話すと、説教され意見されて逆に傷ついてしまいます。スモールグループでは、お互いに互いの話を聴くことに徹しますので、その場が安心した場になります。そしてそこで語られた内容は、そのグループの外には決して他言しないという守秘義務の元に行われます。

 

毎週毎週、同じ仲間に話しを聞いてもらうだけなのですが、それにより今まで閉じこもりがちだった人が明るくなって社会復帰したり、パニック症候群で電車に乗ることができず仕事もままならなかった方が、どこにでも出かけられ、セミナーを開く教師にもなっています。

 

独りで暮らして誰とも話さないという日常生活を送る人々がどんどん増えています。人間は、誰かと話すことで元気になりますので、スモールグループのような場があちこちにできることを願っています。

 

 

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

波動を下げないために

 


日々の生活の中で、無意識のうちに波動が下がることに意識的になります。

波動が下がっているときには、何をやってもうまくいきませんので、一旦それを手放して保留します。

 

そして、自分が今どんな感じか、どんな気持ちになっているのか把握します。

波動が下がっていると、頭の中にネガティブな言葉や、自分とは関係のない情報が駆け巡っていることがあります。

 

それらは、無意識に脳が取り込んだ雑念ですから、それによってネガティブな影響を受けないように浄化します。

 

エゴは、今ここに起きていないことを考えて反芻し妄想する傾向があります。それに加えて、エゴの好奇心で取り込んだ様々な情報にフォーカスします。

 

こうして無意識のうちに、『今ここ』の意識から離れていきます。

無意識のうちに取り込んだ思考内容やネガティブな波動は、朝の目覚めの瞬間のように脳波が緩んでいるときに出てきます。

 

その緩んだ脳波のうちに、瞑想することは浄化の方法として有効です。

 

本来の自分でない波動、愛と光でない波動が炙り出されたら、目を閉じてゆっくりと深い呼吸をします。

 

ネガティブな思いや言葉には、“これはおかしいぞ”とエゴに言います。

そして、真実のこうありたいポジティブな言葉を言います。

 

 

無意識のうちに取り込んだ思考により、思い込んでしまったことをおかしいと自分で認識しないままでいますと、膨大なエネルギーがネガティブな思考に費やされてしまい、人生を生き辛くさせてしまいます。

 

エゴはそれが居心地いいので変えたくないのです。

潜在意識に取り込まれたネガティブな思いや感情を、愛と光に変えるのは、瞑想が有効です。

 

本来の私たちは、愛と光です。

 

f:id:rainbowduowork:20180420082759j:plain

 

 

 生きとし生けるものすべてが幸せでありますように

f:id:rainbowduowork:20180420082806j:plain

 

f:id:rainbowduowork:20180420082819j:plain

 

 

 

 

 

ポジティブで前向き

 

次元上昇している感じを実感するのは、

 

『今ここ』の意識で自分自身の波動を感じることによって、

その感じが、何かとてつもなく至福に満ちた感じになっていると、

 

その波動の中では、宇宙の源とひとつであることなのです。

 

それは瞑想していなくても、目を開けた状態でも感じられるでしょう。

その感覚を覚えて、いつでもそこに『今ここ』にあることを選択します。

 

そして、ポジティブで前向きな思いをクリエイトします。

その至福に満ちた波動の中でイメージすることと、それがどんな感じかを覚えます。

 

物理的に目に見えるのがいつであるかよりも、すでにそうなっている感じに浸ります。

 

それが浄化の方法として、とてもパワフルであることを知るでしょう。

 

本当の自分、この地球上でどうありたかったかを、生まれる前に決めてきた、その願いを思い出します。

 

今までの自分の歴史は、もう戻らないのです。川の流れのように過ぎたものに執着すれば、流れに逆らうことになり、苦しみます。

 

この大宇宙の大いなる愛の流れに任せて、ポジティブで前向きな思いで楽しみます。

 

会いたい人に会い、好きな音楽を聴き、行きたいところに行き、身体が欲するものをいただき、心に正直にあることは、愛の状態にシフトします。

 

あるがままの自分のありようを尊重しますと、他の人のありようも尊重できるでしょう。一人ひとりが、宇宙であるかのように、全く異なる個性であることを尊重しますと、心も軽くなるでしょう。

 

樹木の葉っぱがそれぞれ異なるフォルムであり多様でありながらも、その枝や幹を通して、大地のエネルギーを吸収して育っているように、

 

多様な個性でありながら、ひとつにつながっていることを知っています。

 

ポジティブで前向きな思いをしていますと、同じようにポジティブで前向きな思いの人々に出会っていきます。

 

木々の葉の芽吹くさまや、葉っぱの紅葉してゆくさま、花々の蕾が開花してゆくさまの美しさに感動するように、

 

『今ここ』の美に、自分の中にある美しさに感動します。

 

 

愛と光と感謝を込めて

 

f:id:rainbowduowork:20180418095325j:plain

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

濁りと妄想に気づく

大人の自分が、もし誰かといるとき、何処かの場所にいるとき、または独りきりのときに、

自分の中で、ネガティブな感情が出てきたら、

 

誰かのせいでも、状況のせいでもありません。

 

生まれ育った環境の中で、真実ではないもの、愛ではないものを体験しますと、それが“濁り”となり、潜在意識に定着します。

 

“濁り”は、エゴの餌となります。

それがフィルターとなり、物事や人間関係に投影されます。

 

ときには、そのフィルターにより、エゴが“妄想”します。

 

“妄想”により、真実が見えなくなります。

そして、心はとても苦しみます。

 

心が苦しんでいますと、さらにエゴは餌を求めて“妄想”します。

それは、身近な人のことや、大事な人間関係において強調されることになります。

 

真実の目で、相手を見れなくなりますと、その関係にヒビが入ります。

大事な人を、自分の“妄想”で傷つけてしまっていることに気づかず、まるで自分が被害者であるかのようになったりします。

 

ネガティブな思いや感情は、エゴの餌となり、そのままにしておきますと、エゴは拡大します。

 

大事な人との関係や仕事にも影響を及ぼし、さらなる苦しみを覚えます。

心と身体はひとつですから、

 

“濁り”と“妄想”は、身体の細胞に沈殿します。

 

本来の私たち一人ひとりは、本質は愛と光です。

綺麗に澄んだ水が汚濁しても、綺麗な水を注ぎ続ければ浄化します。

 

愛と喜びでないものは、真実ではありません。

 

『今ここ』の意識にあることは、本来の自分に目覚める一歩なのです。

 

 

 

愛と光と感謝をこめて

 

金南里

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

土台を変える

家を建てるのに一番大事なのは、土台です。建てる土地の地盤と基礎工事がしっかりしていれば、その上に建てられる家もしっかりします。

 

人生の土台は、お母さんの胎内に受肉してから、思春期までにできあがります。そのうち最も重要な土台の時期は、歯が生え変わる7歳頃までになります。

 

7歳頃までに、肉体の基礎ができあがると同時に、「生きる意志」が育ちます。

「生きる意志」を育てる力は、周囲の環境である両親の愛情です。

 

植物の種が、大地から芽を出して、太陽の光で成長するように、太陽のような両親からの無条件の愛で育てられますと、その子は何があってもへこたれない意志の力が土台になります。

 

いつも家の中に笑いがあり、お母さんお父さんが仲良くしていますと、それだけで子どもには、太陽の光の中にいるのです。

 

誰もが、この地球で喜びを生きることを望んでいます。自分の種には、何をして誰とどこで、その喜びを創造しシェアするのか、そのための才能も特質も、肉体の特徴もすべて備わっています。

 

太陽の光の愛情で育ちますと、あるがままの自分を認め、自分を愛します。愛で満たされていますと、愛の状態を引き寄せます。

 

 

 

しかし、ほとんどの家庭はそうではありませんでした。

それを悔やんだり、呪ったりしても何も変わりません。何百回ものカルマを通って、そのカルマを解消するための人生となる環境や両親を自分で選んで生まれてきたからです。

 

ではそのカルマのために、浄化するために酷い仕打ちを受けるのでしょうか?

 

今までの人類の意識の進化はそのように、相手からされたこと、自分がしたことが逆転してカルマは清算されていました。

 

しかし、進化のスピードが加速しているこの時代は、人々の意識が高まり、集合無意識にも変化が起きています。

 

人々の意識がスピリチュアルに目覚めて、地球の意識も変容しています。

 

人生の土台が一生を決めて、次の人生まで待たなければ変えられない土台が、この人生で変えることができるのです。

 

私たちの地球が、人間が自分の意識を変えようと思えば変えられる土壌   

に変容しました。

 

それは、自らが自らに光を降り注ぐ太陽の光になることです。

 

 

私たちは毎日の睡眠と目覚めの度に、生と死を体験しています。

毎朝、生まれ変わり、新たな意識に目覚めます。

 

眠りにつく前にリラックスしながら瞑想し、

どんな自分になりたいか、ポジティブな自分の姿やありようをイメージして、そうなった自分の気分を感じます。

 

自分にご縁のある身近な人々にも愛と感謝を送ります。その人たちのポジティブな側面を見ます。 

 

そのいい気分を味わい、感じることが、太陽の光になることを意味します。

“今ここ”の意識にいます。

 

そのいい気分を感じている幅が、今までの自分が無意識にしていたネガティブな感情よりも広がりますと、ポジティブな感情が優位になります。

 

そのためには日々の瞑想が欠かせません。瞑想こそは、無意識を超えた潜在意識に作用するものだからです。と同時に、眠りは、潜在意識の中にありますから、眠っている間に浄化されているのです。

 

瞑想をしなければならないのではなく、瞑想することによって意識が高まります。

眠る前の気分を創り、眠りに入り、朝、目覚めたときの感覚を感じます。

その感覚に、ネガティブな感情があれば、土台にある感情ですから、

瞑想して、いい気分になるイメージを育てます。

気分の良くなるイメージは、自分が人生でこうありたいという願いをたくさんイメージします。そしてそれをいい感じで味わいます。

 

そのときに、大事なことは、呼吸です。

ゆっくりした深い呼吸をします。その呼吸の中でいい気分を味わいます。

 

その気分は、まるで太陽の陽だまりにいるように心地よいものです。

本来の私たちは、そのような心地よい光なのです。

無条件の愛は、太陽の陽だまりのように心地よいのです。

 

私たちは、愛と光なのです。

 

 

 

 

 

生きとし生けるものすべてが幸せでありますように

 

 

広告を非表示にする

瞑想して本当の自分になる

人生の様々な場面で自分のありようが現れます。

 

どうしようもない状況にあたふたする場合など、心は不安や心配で身体も怠くなってあちこち痛みが生じることもあるでしょう。

 

二進も三進もいかないときこそ、

静かに座って瞑想します。

 

ゆっくりした呼吸に意識を向けますと、“今ここ”の意識になります。

 

“今ここ”の意識になって感じます。

 

先のことを心配していたのは、本当の自分から離れていたことだとわかります。

 

瞑想して心が落ち着き、身体がリラックスしますと、心配していたときの波動が変わり、波動が高くなっていることに気づきます。

 

その高まった波動が本当の自分であることに気づきます。

 

二進も三進もいかなかったことにより、瞑想が深まりました。

 

ここで深い闇を体験したことで、光の自分に出会いました。

 

何ものにも代え難い体験をして、もうこの光に出会ったことで後戻りしないポジティブな自分になりました。

 

“今ここ”の意識になることで、蓋をしていた本当の自分の“願い”を生きます。

 

それは一瞬一瞬が、生きていることが喜びであることに“気づいて”いる自分です。

 

 本当の自分は、すべてなる源のエネルギーである愛と光とひとつであることに“気づいて”います。

 

 

 

生きとし生けるものすべてが幸せでありますように

ネガティヴなことにはポジティブにシフトする

今夜の満月は、かつないほどの美しい輝きを放っています。 こんなに美しい月夜を私たちに観せてくれること、感動し感謝します。

 

神秘的な森羅万象の美しさは、生きとし生けるものすべての神聖さを感得させてくれてます。

 

最近のシフトがさらに加速してます。こうなったらいいなと思っていたことが、早く起きていませんか?

その前に、ドンとネガティヴなことになりますが、以前ほどにはネガティヴな感じはしていないと思います。

 

願っていたことに飛躍するためのプロセスと捉えますと、

個々人のありようで全く違うことですが、納得できるかもしれません。

 

 

すでにこの世に生まれることで、用意されていることが後になってわかるように、

気分のいい感じが自分の真実と一致しているでしょう。

 

どんな瞬間も安心して、喜んでいることで、波動は高まります。

その波動と同じ波動が引き寄せられます。

 

ポジティブな思考、豊かな思考内容を創造しますと、それとともに喜びの感情に浸るでしょう。

 

宇宙からの応援が、一人ひとりの思いに寄せられています。

 

ただただ感じます。

 

 

 

生きとし生けるものすべてが幸せでありますように

わくわくの波源になることの大切さ

わくわくする気分、喜んでいる気分でいると、周囲を明るく照らします。

 

スターに憧れ、その美しさ、輝きを見ているだけで“何か”満たされた感じになります。

 

その“何か”は、自分にも“ある”輝きの種だと思えるでしょうか?

 

自分が、喜びの波源になることが、この地球、宇宙にとって、どれほど大切なことか知ります。

 

DNAに受け継がれている負の連鎖を断ち切り、本来の自分を生き始めます。

 

自分が無意識に思考したり、感じたりしていることで、ネガティヴなものは、本来の自分から離れた波動です。

 

自分がそれから解放されるには、意識的になることと、瞑想することです。

 

地球とともに、肉体とともにある自分がどうありたいかを明確にして、それがすでにそうなっているありようを感じるだけで、いい気分になります。

 

 

綺麗な澄んだ水が濁っていたら、その濁りを浄化することで元の綺麗な澄んだ水になります。

 

自分がわくわくしていい気分でいるときに、その瞬間の波動を感じますと、高い波動になっています。

 

すべては波動です。

同じ波動は、同じ波動を引き寄せます。

喜びの波動は、綺麗な澄んだ水と同じようです。

 

透明で綺麗な海や川を見ているだけで、浄化される感じがあるように、

自分自身が自分の喜びの波動の源になることは、

 

肉体とともに地球に生きていることの大切な宇宙の“仕事”なのです。

 

仕事は楽しいのです。 

 

 

 

 

生きとし生けるものすべてが幸せでありますように

 

 

 

 

 

もっと願う

今までのレインボーDUOワークでは、ネガティヴな蓋をした感情や思い込みにフォーカスしてました。

 

シータヒーリングの掘り下げを、さらに注意深く丁寧にインナーチャイルドに向き合うことで、今まで納得できなかったことが今の自分に明るみになって、

 

自己の癒しとともに、新たな上書きをします。

 

ワークのさらなる進化が、光の流れに乗ることで変容しています。

 

もはやインナーチャイルドワークではなく、

“今ここ”の意識になって、必要な“ワーク”を行います。

 

 

このワークの変容は、宇宙全体の流れに同調することで変容しています。

もっとシンプルに、喜びにフォーカスします。

 

今の自分に欠けていることで気分が良くならない部分があるとします。

 

それが過去の体験や喪失であったとしたら、川の流れでは逆流することはできません。

 

例えば、恋人との別れの痛みが尾を引いていたとしたら、その痛みはネガティヴな痼りになります。

 

その痛みが何かのきっかけで出てくると、前進できないくらいの抵抗を覚えるでしょう。それは執着だからです。

 

執着を手放して身軽になることで波動は高まります。

執着を無理に手放すことは苦痛を伴いますから、それに対してポジティブな思いに変えます。

 

「もっと願う」ことです。

 

もっと願うことで、ポジティブな気分になるでしょう。

 

年齢に関係なく、願い続けることはさらなる進化のためにはとても大事です。

 

喜びの波動の波源に自らがなることが、とても大事です。

 

エスキリストは、そのことを伝えています。

 

創造主の分け御霊である一人ひとりが、願い求め、創造主とともに喜びの人生を創造します。

 

一切のネガティヴな思いから解放されて自由になることが、豊かさと願いの実現への鍵となります。

 

 

 

 

 

生きとし生けるものすべてが幸せでありますように

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

新しい自分

f:id:rainbowduowork:20180322173524j:plain

 

身近なところでの、この頃の変化は日毎に起きているようで、いろんなことが加速しているように思われます。

 

次元上昇が続いていることの現われのように、昨日までの自分の思いや感じが、今日は全然違う思いに変わって、それが自然な感じになっているようです。

 

ネガティヴな思いや感情が薄れていきますと、“光の流れ”への抵抗がない自然体の自分らしいありように気づきます。

 

さらなる“願い”をイメージして、瞬間瞬間の気分を味わいつつ、「新たな自分」のインストレーションをクリエイトします。

 

体全身に起きているヴァイブレーションの波動を感じて、それが心地よいものであれば、ポジティブな思いにある自分と一致しています。

 

その感じがネガティヴなものであれば、反応せず、ただあるがままを観て、過ぎ去ることを知ります。

 

“今ここ”の意識にあるとき、

 

エゴから離れた“真性”な意識のまなざしを観ます。

 

“感じる”ことで、宇宙のエネルギーに同調します。

 

「古い自分」は剥がれ、「新しい自分」を日毎に受け入れます。

 

“喜びの波紋”の“波源”となり、

 

『神の息吹』に憩います。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする