レインボーDUOワーク®

自分と思っている自分が、本来の“私”から遠のいているとしたら、軌道修正します。レインボーDUOワークは、ネガティヴな部分に向き合い、ポジティブになる自分を育てます。

瞬間に感謝

人生終盤にあって、振り返りますと、すべてが奇跡であり感謝でした。

すべてが完璧でした。

 

完璧でなかったものは、私のエゴでした。

 

子どもを育てるときに、無意識な部分は自分が育てられたように育ててしまいます。

意識的に取り入れた食育のことや、シュタイナーの「生きる意志を育てる」教育のあり方には今も感謝していますが、

 

最も大切なことが見えてませんでした。

 

 

「子どもの気持ちを尊重して聴くこと」です。

 

保護を必要とする年頃の子どもにとって、親は絶対的な存在になってしまいます。

その親が、

「今、どんな感じ?どんな気持ち?どうしたい?」

 

子どもは自分の気持ちを尊重して聴いてもらえると、あるがままの自分を受け止めてもらえたという体験により、自分を信じ認められるようになります。

 

何かを決めるときも、子どもの気持ちを尊重しますと、それは“愛”なので家族のありようがぶれません。

 

親は、瞬間瞬間を感謝しますと、そこにエゴは働かなくて、

瞬間瞬間が愛になります。

 

 

 

f:id:rainbowduowork:20180223095947j:plain

 

愛でなかったことで、気持ちを出せずにいたことで痼りになったことは、子どもが大人になって、「問題」となります。

 

 

 

一人ひとりの命を神の命と思い、子育てさせていただきますと、

子育ては、素晴らしい宝の機会を与えてくれていると感得します。

 

瞬間瞬間に感謝しますと、エゴは浄化され、喜びの果実を受け取るでしょう。

 

 

f:id:rainbowduowork:20180223103230j:plain